リサイクル着物の販売・買取、レンタル及び着付  きものや ろふてい
きものやろふてい
 
 トップページになります。
 
 全商品をご覧いただけます。
 
 鯨尺の換算方法をご紹介します。
 
 ろふていからのお知らせです。
 
 きもののうんちくを少々…。
 
 ろふていを紹介します。
 
 ご相談等お気軽にどうぞ。
 
着物の達人講座
 
『着物の達人講座』 第3回 「姿勢で決まる着物姿」  
 

『着物の達人講座』第3回目は「姿勢で決まる着物姿」と題して着物と姿勢についてお話をする。

 「粋でいなせで」というと江戸っ子の好い男の代表である。「粋」については別項でお話をするが着物姿の基本は男性だけでなく女性も「いなせ」である。

 「いなせ」とは漢字で書くと「鯔背」と書く。

「鯔(ぼら)(ちなみに唐墨は鯔という魚の卵巣である)は出世魚で、地方によって呼び名は違うが小さいときは「小鯔(おぼこ)」大きくなるに連れて「州走り(すばしり)」「いな」「ぼら」最後は「とど」と名前が変わる。余談ながら「とどの詰り」とはこれからきている。

 鯛や平目など魚は普通背中が丸くなっているが「鯔」は頭から尾にかけて背が反り返るようになっている。

 江戸時代、日本橋界隈の魚河岸の若者の間で「いな」の背のように反り返って刷毛先が広がった「いなせ銀杏」という髷が流行した。そこから「いなせ銀杏」を結った様子の好い若者のことを「鯔背(いなせ)な男」と呼ぶようになった。もちろん「鯔背(いなせ)な男」は髷だけではなく自分の背も鯔の背のようにシャキッとしていた。

 随分と遠回りしたが、着物姿の基本はその「鯔の背のようにシャキッと」と「顎を引」くことなのである。ちなみに逆に「顎を出す」とはギブアップ寸前、即ちヘロヘロの状態のことを言いう。

 男性も女性も背筋が伸びて顎を引いていなければ襟元ははだけるし、衣紋も抜けてしまう。衣紋が抜けるとは、後ろから襟首を引き抜いて着物や羽織の襟が下に下がってしまう事を言いう。特に男性は衣紋が抜けることは「男らしくない」として一番嫌われる。

 背筋を伸して顎を引くと自然に腰が決まる。武道でいう「腰が入った」状態となる。

よく「男性はお腹が出ていないと着物は似合わない」といわれるが「お腹が出ていないと着物は似合わない」のではなくて、お腹の出ている人は重いお腹を支えるために自然と腰が決まり、お腹が邪魔をして猫背になれないので自然と姿勢がよくなるのである。当然、お腹の出ている人は着物が似合うが、痩せている人でもきちんとした姿勢が出来れば誰でも(外国人ですら)似合うものである。

 江戸時代の人は、食生活から考えても現代の人よりお腹が出ていたとは思えない。

 武道や日本舞踊は着物を着た上でかなり激しい動きをするものである。それでも腰が決まり、背筋を伸して、顎を引いていれば激しい動きにも着崩れしないし、見た目にもスマートである。着物姿の美しさはほとんど姿勢で決まる。

ここまで出来れば『着物の達人』への道は半分くらいは到達である。
「腰」「背」「顎」の3つのポイントをお忘れなく。



目次はじめに第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回次のページ
 
Copyright(c) 2004 Rofutei. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】