リサイクル着物の販売・買取、レンタル及び着付  きものや ろふてい
きものやろふてい
 
 トップページになります。
 
 全商品をご覧いただけます。
 
 鯨尺の換算方法をご紹介します。
 
 ろふていからのお知らせです。
 
 きもののうんちくを少々…。
 
 ろふていを紹介します。
 
 ご相談等お気軽にどうぞ。
 
着物の達人講座
 
『着物の達人講座』 はじめに 「着物と私」  
 


「着物の達人講座」を始めるに当たって、簡単な自己紹介着物と私との関わりについてお話をします。

私の子供の頃は風邪を引いたりして病院に行くときは何故か着物を着せられました。 着物道楽だった父の影響で、着物が大好きだった私は冬になって風邪を引くのが楽しみでした。

 警察官だった父は、自宅では何時も着物、母も冬場はほとんど毎日着物生活。

私の中学生時代、父の着物道楽が嵩じて突然警察官を辞めて小さな呉服屋を始め、私は洗い張りや染め替えの着物の解き、胴裏、八掛けの端縫い、フノリ造りから伸子張り迄手伝いました。とにかく着物に触れている事が楽しかったのです。

 その後私は八代目松本幸四郎(初代白鴎)門下となり、歌舞伎役者になってからはもちろん四六時中着物生活。もっぱら父のお古や兄弟子からのお下がりを着ていました。

 またモデル転向してからは、雑誌や着物の見本帳など、数多く着物の仕事をし、現在もオスカープローモーションのモデルとして仕事を続けています。

 8年位前からふと思い立って1年365日毎日着物で暮らしす事にしました。

当然、季節季節の色々な着物が欲しくなります。でも毎日の生活着、高価なものは買えません。手ごろな値段で着物が欲しいと思案しているうち、江戸時代、庶民はもっぱら古着屋で着物を買っていたと聞いた事があるのを思い出し、着物好きの仲間の勧めもあって、ついにはリサイクルショップ『きものや ろふてい』を開業しました。

 お店で多くのお客様と接する内、着物についてあまりにも多くの誤解が有ったり、当然の事が忘れられている事を知りました。そこで「着物の達人講座」と題して今までの歌舞伎役者としての経験や着物生活の体験を基に、着物について是非皆さんに知って貰いたい様々な知恵や信じられてきた大きな誤解、だれも教えてくれないコツのコツをお話ししたいと思います。

 私の願いは出来るだけ多くの人に着物を着てもらうことです。そして着物を着こなしてもらいたいのです。高価な着物をぎごち無く着ているより、すっきり着こなしているリサイクルの着物の方がどれほど美しい事でしょう。

 着物を着ている時、洋服の時と同じ身のこなしをすると、袂を汚したり、裾を踏んだり色々なトラブルが有る物です。初めは少しくらい汚れても惜しくないお値段のものから入って、とにかく回数多く着る事です。そのうち自然に着物の方から体に馴染んできます。

 そんな「着物の達人」が沢山増える事を祈っています。誰でもなれる「着物の達人」を目指して。

乞う、ご期待!!

 着物についての疑問、難問何でもお寄せ下さい。講座の中でお答えします。


目次はじめに第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回次のページ
 
Copyright(c) 2004 Rofutei. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】