お知らせ

 第8回 ろふてい 浴衣会 7月24日
 
姉妹店「くいもんや ろふてい」で浴衣に着替えていざ!出発。
 
今年も240人乗りの「いりす」での船上パーティ
姉妹店「くいもんや ろふてい」で
浴衣に着替えていざ!出発。
 
今年も240人乗りの「いりす」での
船上パーティ
 

 今年も恒例の「ろふてい浴衣会」を開催しました。十数名から始めた浴衣会も今年で8年目、60名以上の方の参加をいただき大変な盛り上がりでした。

 今年は恒例の国立劇場での歌舞伎観劇はチケットが取れなくて残念ながら中止となり、浅草散策とナイトクルーズとなった。お天気にも恵まれ、先ずは観音様にお参り。仲見世から新仲見世をそぞろ歩く。浅草の街は着物(浴衣でも)が似合う。

 小腹のすいた処で浅草女将さん会の会長のお店「十和田」で蕎麦を食べる。2階の広い座敷に上がり込む、いつもは忙しくめったに店に居ない女将さんが現れる。「ご無沙汰しています」の挨拶もそこそこに話題は着物へと移る。女将さんの縮緬浴衣を見せてもらった。一同ため息!! 「肌にひやつく縮緬浴衣・・・・」小唄にも唄われた縮緬浴衣も今はもう忘れ去られようとしている。

 口も目も楽しんだ後は吾妻橋から水上バスで日の出桟橋へ。休日とあって日の出桟橋はかなりの混雑。待つこと暫し、程なくいつもチャーターしている240人乗りのクルーザー「いりす」の入港。全員乗り込んだ処でまずは乾杯。今年は日程の設定が悪かったのか参加者は60名あまり少し寂しく船内は広々としている。今年は料理もグレードアップし、かなり豪華だ。デッキに上がると潮風が心地よい。昼間の喧騒を忘れる優雅なひと時である。遠くで花火が上がっている。キャビンの中ではカラオケも始まり、ビールやワインの空ビンの山が出来る。毎年の事ながら幸せを感じるひと時である。

 楽しい時間はあっという間に過ぎ、船は日の出桟橋に帰港。皆で記念撮影。来年は100人位でと早くも意気込んでいる。皆さんお疲れ様。有り難う御座いました。

 「きものや ろふてい」ではいろんなイベントを企画しています。是非ご参加下さい。
メールを戴ければ直接イベントの情報をお知らせします。

浴衣姿が良く似合う浅草、雷門で記念撮影。

浴衣姿が良く似合う浅草、雷門で記念撮影。

ろふてい着物倶楽部のコアメンバー
 
今年も恒例の船上パーティ
ろふてい着物倶楽部のコアメンバー
 
今年も恒例の船上パーティ
出桟橋で記念撮影。
出桟橋で記念撮影。