着物Q&A

【着物について】

  ①リサイクル着物って、どういうものですか?
  着物は原則全てオーダーメイドです(最近は既製の物もあるようですが)当店に入荷した物は着用、未着用を問わず、仕立てた物は全てリサイクル品となります。

【女きもの】

  ②これから着物を着たいと思います。まずは何から揃えたら良いですか?
    ①長 着(着物の事です)
  ②帯(着物の格に合せて名古屋帯や袋帯、普段着には半巾帯でも可)
  ③帯締め
  ④帯揚げ
  ⑤帯 枕
  ⑥帯 板
  ⑦衿 芯
  ⑧腰 紐(最低2本、着付師によっては5本)
  ⑨長襦袢(二部式の半襦袢と裾除けでも可、半衿を付けること必須)
  ⑩肌襦袢(肌の上に直接着る肌着です)
  ⑪裾除け(下半身の肌の上に直接着る肌着です)
  ⑫足 袋(通常白足袋、普段着には好みで色足袋、柄足袋なども)
  ⑬草 履(お値段はピンキリです、実際に履いてみて履きやすい物を!)
  ③友人の結婚披露宴に着物を着ていきたいのですが、すぐに一式揃えられますか?
  一式揃えられます。通常呉服店ではお仕立てに約1ヶ月から1ヶ月半かかります。リサイクルショップでは『来て』『見て』『触って』『試着して』買ってすぐに着ることができます。ご来店の上ご試着下さい。
※寸法のお直しが必要な場合がございます。お直しにはお日にちが掛かります。お早めにご来店の上、ご試着下さい。
  ④紬の着物に合う帯、ありますか?
  沢山ございます。昔から≪染めには織り、織には染め≫と言って染めの着物には織物の帯、紬の様な織物の着物には染め帯が似合うとされていましたが、今では余り気にしないようです。 
  ⑤着物をリメイクして洋服を作っています。リメイク用の着物や帯、ありますか?
  沢山ございます。素材はポリエステル、ウール、正絹。生地幅約36㎝ 長さ約12mの未仕立の1反物から端縫、洗い張り済みの物(約1反)、着物のままの物(解けば約1反になります)等、用途に応じてお選び下さい。また、染め見本、ヴィンテージの生地など、切り売りできる物も有ります。
  ⑥洗える着物、ありますか?
 沢山ございます。お家で洗えるポリエステルの着物は雨の日などにもとても重宝します。是非1枚は欲しい物です。今のポリエステルはとても良いですよ。
  ⑦振り袖、女性の袴(はかま)等ありますか?
  振袖はかなりございます。長襦袢と揃った物もございます。是非ご試着下さい。レンタルよりは割安です。袴は只今在庫切れです。(2018年4月現在)
  ⑧身長165㎝です。私に合う着物はありますか?
  ございます。165㎝の方に合う身丈の物は有るのですが、裄丈が若干短い場合があります。お直し可能な場合もございますのでお気軽にご相談下さい。
  ⑨浴衣・夏物・単衣のお着物、帯、ありますか?
  ございます。通年、単衣・薄物・浴衣を取り揃えております。

【きものについて】

  ①冬の防寒はどのようにすれば良いのでしょうか?
  昔はベンベルやキュプラで出来た裾よけの他に、ネルやウールジャージでできた「都お腰」が有りましたが今は売っている所は少ないと思います。ヒートテックのタイツも良いのですが用を足す時に不便です。膝上までのレッグウォーマーをお勧めします。膝の辺りが暖かいと体全体が暖かくなります。ヒートテックのTシャツを着る時は肌襦袢に合わせて衿を繰って縫い止めてからご使用下さい。 寒い時は上帯では見た目にも寒いので道行きコートや羽織を着て大きめのショールをすればかなりしのげます。ビロードやカシミヤなどの防寒コートも市販されています。
  ②着物と長襦袢の寸法はぴったりあわないと駄目ですか?
  ピッタリ合うことが理想ですが、長襦袢の裄丈が短い場合は衿を少し、多めに抜く、両脇の身八つ口の処を上に引き上げ、脇にゆとりをもたせる。これである程度はしのげます。長襦袢の裄丈が長い時は肩の辺りの袖山を安全ピンで摘みます。
  ③歌舞伎座にはどのようなお着物で行けばよいのでしょうか?
  特に決まりはありません。ご自分の中で一番自信が持てる物がベストです。着慣れない高価な着物でしゃっちこばっているよりも、自信を持って着ている常着の方が素敵です。
  ④お茶会に招待されました。どのようなお着物で行けばよいのでしょうか?
  お茶会の格式によって、訪問着、付下げ、色無地などがよろしいと思いますが、カジュアルなお茶会には小紋でも良い場合もあります。お茶会の主催者又はお誘い下さった方に相談してみるのが良いでしょう。
  ⑤普段着るのはどんなお着物がよいのでしょうか?
  素材は木綿、ウール、ポリエステル、正絹何でも良いと思いますが、お手入れが簡単なのはポリエステルです。ご自宅で水洗いできます。ウールや木綿もクリーニング屋さんでドライクリーニングできます。正絹の物はとてもデリケートです。着物専門の悉皆屋さんや着物をお求めになったお店に相談することをお勧めします。もちろん当店でもご相談に応じます。
  ⑥夏、浴衣でお出かけしてはいけない場所はありますか?
 浴衣はいわばバスローブです。本来はアフターファイブ、ご町内位が常識でしたが、今では浴衣もファッションアイテムの一つになりつつあります。特別に格式張った処以外は大丈夫のようです。 また、浴衣も柄や素材によって、半衿付の襦袢を着れば昼着にもなる様なものも有ります。 念のためお出かけ先へお問い合せ頂くのが確実です。

【お手入れ】

  ①母から譲り受けた着物を着たいのですが、寸法が合いません。お直しできますか?
  お直しできます。ただ、お直しはお仕立てより高い技術が必要で、手間もかかります。当然お直しの料金も高くなります。複数箇所のお直しなら、思い切って全部解いて洗い張りをして仕立て直すことをお勧めします。まるで新品のようになりますよ。当店で承ります。
  ②派手になった若い頃の着物をまた着たいのですが、直せますか?
  染め変え、色掛けなど幾つか方法がありますが、かなり加工料がかかります。帯や帯締め、帯揚げなどの小物を落着いた物に取り替えてみたら如何でしょう。着付方も少し衿を詰めるとかなり雰囲気が変わって見えますよ。是非ご相談下さい。
  ③お着物にお茶をこぼしてしまいました。染み抜きできますか?
  出来るだけ早くお手入れにお出し下さい。時間が経つと取れ難くなります。シミヌキは事前にお見積もりをして料金等ご納得を頂いてからの加工になります。専門の提携業者にて加工致します。なるべく早く当店にお申し付け下さい。
  ④着物が皺になってしまいました。アイロンをかけても大丈夫でしょうか?
  アイロンの設定を、”絹、ドライ”で当て布をして押さえないようにして掛ければ大丈夫ですが、技術的にかなり熟練を要します。また、着物は予想以上に大きく、大きなアイロン台がなければ大変です。当店では仕上げ加工のみも承っています。ご相談下さい。
  ⑤半襟を綺麗につけられません。付けて頂けますか?
  半衿付けも承ります。が・・・。半衿は頻繁に取り替える物です。縫い目は着ると見えなくなるのでYouTubeなどを見てご自分でチャレンジしてみては如何ですか?解らない処は当店にお尋ね下さい。
  ⑥タンスにしまっていた着物が何か臭います。取れますか?
  丸洗いで殆ど取れますが、カビの場合は他の着物にカビや臭いが移る場合があります。別途カビ取り加工をすることをお勧めします。お着物をお持ちの上ご来店ください。お見積等ご相談にのります。
  ⑦長襦袢は家で洗っても大丈夫ですか?
  ポリエステルの物はほぼ大丈夫です。半衿も付けたまま洗えます。交織の物や絹の物はアイロンがけ等、仕上げが大変ですので専門の業者にお願いするのが賢明です。当店にお申し付け下さい。
  ⑧帯が短いのですが、長くすること出来ますか?
  出来ますが・・・。胴に巻いて隠れる処に足し布をして長くすることは可能ですが、費用の割に出来上がりがイメージと違う事が多く、残念ながらあまりお勧めできません。

【男きもの】

  ①これから着物を着たいと思います。まずは何から揃えたら良いですか?
    ①長 着(着物の事です)
  ②帯(兵児帯や角帯が有りますが、なんにでも使える角帯をお勧めします)
  ③長襦袢(半襦袢に裾除けかステテコでも可、半衿を付けること必須))
  ④肌襦袢(VネックのTシャツでも可)
  ⑤足 袋(通常白足袋、普段着には好みで色足袋、柄足袋なども)
  ⑥腰 紐(2本、又は男締め)
  ⑦草 履(南部表で革底の物が最適ですが、非常に高価なので合成皮革の物でも可)
  ⑧羽 織(パーティや他所の家を訪問する場合は必須です)
  ②身長175㎝です。僕に合う着物ありますか?
  貴男に合ったサイズの物がございます。当店では解いて洗い張りをし、仕立て直した男の着物をご用意しております。身長160㎝から185㎝位までの方がお召し戴ける小紋や紬等、いろいろございます。ご来店の上ご試着下さい。
  ③男の着物の着方を教えていただけますか?
  着物の達人講座を企画中です。講座スタートまでは、お電話でご予約下さい。また、商品2万円以上お買い上げの方には1回2時間の無料個人レッスンを致します。着物の畳み方から着付、帯結び、袴の着付、歩き方、着物を着た時の所作などのレッスンを致します。
定員3名、約2時間、お一人様3,000円(税別)お着物、帯、小物等はご持参下さい。
お持ちでない方はレンタル用お着物(ウール)(3,000円(税別))をご用意致します。お申し付け下さい。
  ④下着は何を着ればよいですか?お祭り衣装の股引きでも大丈夫ですか?
  お祭りの股引は滑りが悪く、足捌きが悪いのでお勧めできません。寒い時はヒートテックのタイツとVネックのTシャツ、などでも良いでしょう。衿や袖から見えない物なら大丈夫です。